こんばんは。ゴールデンウィークを目前にして体力ゲージが真っ赤になっているパパラボです。4月から保育園に2人の息子を送り込んでいるわけですが、いやはやなかなかどうしてやっぱり大変ですよね。今日は子どもを2人保育園に預け始めましたぜ、っていう話です。

朝の支度は、緊張感がグンとあがりました、1歳の次男チビを預ける前までは、妻が育休中で早番の時間に預けられなかったということもあり、結構のんびり長男のジュニアの支度をやっていたのですが、4月からは、起きてから家を出るまで、無駄なことをしている時間は一切なくなりました。いやー人って環境で変わるもんですね。

保育園でのチビの引き渡し作業は手間がかかります。ジュニアは年長で、連れて行くだけで支度は全部自力でできるくらいになっていたので、久しぶりに、やれ着替え袋だ〜、オムツ袋だ〜、エプロンだ〜と色々セットするのは実にめんどくさいものであります。とはいえ、むかしやったことがあることなので、1日で勘を取り戻しスムーズにできるようになりました。1人目のお母さんらしき人がアタフタやっているのを心の中で応援するくらいの余裕は出てきている毎日です。

「預けると泣く」ってのは相変わらずあるんですが、ジュニアの時より、次男のチビの時の方が保育園の慣れが早いように感じます。ジュニアの時は1ヶ月以上、送り、迎えのときに泣いてた気がするのですが、チビは1週間くらいで、泣きもせず自分から先生のところに飛び込んでいくほどです。これはきっと預けてる親の心理が影響してるんじゃないかと思うんですよね。1人目を預ける時の親の心理って「さみしいね」「私もさみしいよ」「がんばってね」「早く迎えに行くからね」みたいなちょっと悲壮感漂う感じな気がしていて、それに比べて2人目の時「大丈夫いいところだから」「泣くと思うけどすぐ慣れるから」「慣れると楽しいところあるから」「大丈夫大丈夫」みたいな心理にすでになってるので、預けられる子どもも肌で安心感を感じやすいんじゃないかなと。まあ適当な推測にすぎませんが。

最後にやっぱり、保育園に行き始めたばかりの子どもはすんげー体調崩しますね。次男チビ、預け始めたら鼻水ダラダラダラダラダラダラ。そしてこれがなかなか治らない!薬をもらって飲ましているんですが依然として夜は寝苦しそう、そして鼻水が出てると熱が出る、というわけで日々、保育園からの連絡に戦々恐々としている次第です。まあ、こればっかりは仕方ないですね。最初の1年を乗り越えれば2年目以降は体調が安定しやすくなるので、そこを目指して頑張ろうと思います。

以上、保育園生活日記でした。

そんじゃ今日はこの辺で



スポンサーリンク


4月から子ども2人保育園生活が始まったよ