どうもサンバルカン世代のパパラボです。
今日は、ついに長男のジュニアが戦隊モノに入門した話をしたいと思います。

ジュニアは穏やかな性格で、テッポウがバキュンバキュンしたり、爆発がボッコンボッコン起こるような映像は怖いらしく、あまり好きではありませんでした。そんなこともあって、バキュンバキュン、ボコンボコンそのものである戦隊モノを見せても気に入ることはないだろうなーと思って特に見せてなかった経緯があります。

ところが最近ジュニアが家で、どうやらヒーロー的なポーズをとるようになってきたのです。「トウッ!」とか「ヤー!」とかやっているのですが、・・・・うーん、なんか変です。保育園の友達のマネをしているんでしょうが、ひとことで言ってしまうと、

かっこわるい

妻と話し合って「こんなかっこわるいヒーローポーズさせとくわけにはいかん!本物を見せよう、トッキュウジャー見せよう!」ということに決まり、慌ててトッキュウジャーを見せ始めました。

見せ始めると、もう毎週日曜日7:30からの放送のために生きている、といっても過言ではないくらいハマりはじめました。過去のバキュンバキュン、ボコンボコンを怖がっていたジュニアはどこへやら・・・。でもおかげで、変身や戦いのポーズはバッチリ決まるようになってきました。ああ、これなら安心して外でポーズさせられます。

そんなこんなでジュニアも戦隊モノに入門したわけです。
パンチやキックの威力が上がって、ジュニアの相手をする負荷がだいぶあがりましたが、これも大人への階段、父である自分も通った道、ということでしばらく見守って行きたいと思います。

「みえた!お前の終着駅」

そんじゃこの辺で。



スポンサーリンク


戦隊モノと息子