先日ネットで子ども用のハーネスの話が流行ってたときに、「赤ちゃんとハーネス」という実験記事を書こうとしたら「いろんな意味で不毛だから」と妻に全力で止められた方のパパラボです。今日は二人目ができてからの休日の過ごし方についての悩み、・・っていうほどのもんでもないのですが、多少の困りごとについて書いてみたいと思います。

ちなみにこれから次男もたびたびこのブログに出てくることになるので、呼び名を「チビ」にすることにします。長男のジュニア共々よろしくお願いします。

で本題なんですが、まだチビがいなかった去年は、ジュニアも3歳になっていてお出かけに気をつかう必要もなかったので、それこそ毎週のようにあちこちに遊びにいきまくっていました。近くの公園や広場はもちろん、車で遠征して大きめの公園やアスレチックやプールなど、泳ぐのを止めたら死んでしまう回遊魚のようでした。

家族3人のときは、私がジュニアを連れ出すと、妻はフリーになれるというメリットがあるので、私が楽しめて、かつジュニアも楽しめそうなところにジュニアを連れていくだけで、3人とも満足!という状態は比較的容易に作り出せたのですが、4人となると勝手が違います。

私が遊びたい盛りのジュニアを、昨年と同じように連れ回していると、妻が首も据わっていない乳児のチビからロックされっぱなし平日からの変化感がなくなってしまいます。

・・かといって、私が乳児チビを搭載してジュニアと一緒に遊ぶには、ジュニアは大きくなりすぎているわけですよ。

こないだ試しにチビを抱っこ紐でつれて、自転車に乗ったジュニアと散歩に行ってみたわけですが、一瞬で置き去りにされてしまいました。慌てて追いかけようにも、チビを抱っこして走ってグラグラさせるわけにもいかず、目の届かないところに行きそうになったり、フラフラの自転車運転で人にぶつかりそうになるたびに「ジュニアー、まてー、ストップー!」と連呼し続けてすっかり疲弊しました。

あと、チビを抱っこした状態で野球にも挑戦してみましたよ。カラーバットとゴムボールを持って、広場にいってボールの打ち方とかを教えるわけですが、「ほら、こうやって打つんだよ〜」と窮屈な体制でバットを振ってみせるたびに、チビが「ぷぎー」とかなるわけで、当たり前ですが、なかなかうまいこといきません。30分もたたないうちに強い日光を考慮して、「はい、今日は試合終了」といって帰路につきました。まあムリって分かってたけどね。

近場に遊びにいくだけでこの状態ですから、遠出してこの二人をかかえて遊びにいくのは物理的に不可能ですわな。

遊びたい盛りのジュニアとぷよぷよ乳児のチビと妻の三者を全て同時に満足させるような遊びがあればいいのですが、なかなか難しそうなので、休みの日ごとに、徹底的にジュニアと激しく遊ぶ日、家族みんなでまったり遊ぶ日、息子たちを引き受けて妻を解放する日、妻とジュニアをセットで遊びにいかせる日、などパターン分けしてうまいことやりくりしていかないといかんなー、と思う今日この頃です。

まあ家族が増えたことによる贅沢な悩みなのでそれはそれで楽しもうと思いますが。

というわけで今日はこの辺で。



スポンサーリンク


二人目ができてからの休日の過ごし方