こんにちは、副所長(妻)です。

どう考えても楽勝だった男の子育て
というエントリーを読みました。
あのエントリーの真偽のほどはともかく、3点ほど思うところがあったので簡単に書きます。

1.育児しながら在宅仕事のフリーランス(しかも仕事抑えたバージョン)で300万てスゴい
正直、羨ましいです。相当優秀でなおかつ市場価値の高い人材なんだなと思いました。

2.30日分の献立を一気に考えてかつロスも出さないなんてスゴい
食材の使い回しをふまえ一週間分の献立を考えておくというのは家事ノウハウでよくある話ですが、30日分とは思いつかなかったです。
30日もあると例外処理(家族や自身の発熱、急な外食、食材が手に入らないなど)がいくらでもありそうですが、それを含めてマネジメントしたってことですよね。相当管理能力高いと思いました。

3.静かに絵を描く子どももエライ
絵を描かせているその間に家事をこなせるなんて子ども自身に集中力があるし、かなり高度な技術を教えられても飽きずに何日にもわたって取り組めるなんて、子どももエライです。絵画が好きで、才能もあるんだろうなあ。

まとめると、親子とも非常に優秀で柔軟で、かつ忍耐強いんだなというのがこのエントリの印象でした。

真偽のほどはともかく、こういう人が身近なところにいて「・・・というわけで育児って楽勝だよね」などと言われましても、レベルが違いすぎて「・・・ほへー・・・」としか言えないだろうなと思いました。おしまい。



スポンサーリンク


子育てが楽勝だったと言われましても