こんにちは、副所長(妻)です。

新学期となり、私が勤務している会社にも4月から復職するママさんが何人かいたようです。
で社内報のようなもので以下のやりとりを見ました。
Q「両立のコツを教えてください、特に仕事と家事の両立を」
A「ぜひともルンバがおすすめです」
確かにルンバは欠かせない仲間ですが、両立のコツてもうちょっと根が深いんじゃないかなと思い、今日は記事を書いてみたいと思います。

うちの社内報だけでなく、世の中一般に出回る「ワーキングマザー両立のコツ」的なノウハウは、その多くが職場ではほうれんそうを意識して効率的に仕事をするかを強調し、家庭では便利ツールを用いていかに時短家事をするかを紹介する、という内容に集中することが多いように思います。
これらは言うまでもなく大切な事ですが、これは「両立のコツ」というより「生きるための手段」に近いです。
というのは、残業のない社会人生活でどのようにして成果を上げるのか、身近時間でどの程度家庭のクオリティを保ち、子どもと向き合う時間を確保するのか、という観点だからです。

私は本当の両立のコツとはリスク管理だと思っています。
リスク管理と言うと病児保育とか夫や実家の親をいかに巻き込むか、というのがよく出るものですが、これに加えてもっと日常的なリスク管理が大きいと思っています。具体的に言うと、こうやる!と決めた「時短家事」や「効率的な仕事」自体の遂行が困難になったときにどうしますか?ということ。

例えば以下のような。
・ルンバってみんな言うけど、ルンバを使うには床に物が散乱していてはいけないし、ましてやコード類が出ていてはいけない。
・洗濯は乾燥機で!と言うけど、結局最後は畳むなり最低でも洗濯機(乾燥機)から出さないと次の洗濯は回せない。でもそれすら面倒でやる気が起きない。
・効率的な仕事っていうけど、今日中に仕上げないと行けない書類があるのはわかってるのに、どうしてもどうしても頭が回らなくて時間内に終わらない。。

例を挙げればキリがないほど、「最初にこうと決めた」やり方でやれないことなんていくらでも起きます。
こういうのは実は大きな労力をかけて完璧を目指すやり方なので、毎日その通りにできるほうが難しいのかも。
でも、最初にこうと決めたやり方どおりに進まないと、それ自体がまたストレスになっちゃったりするんですよね。

だから思うのです。
両立のコツって言うのは、リスク管理であると。
自分が決めたやり方どおりにできないときをどう捉えるか。
病児保育ほどユーザーは多くなさそうですが、家事は家事代行などで外注にするというのは非常に重要な選択肢だと思います。

それと私は、そもそも毎日完璧を目指さないことが意外と大事だと思います。
そしてつねに余力を残すこと。
日々、仕事も家事も育児もぜーーんぶ全力で一球入魂していたら、多分身が持ちません。
仕事にも家事にも自分にとっての最低限の線があるでしょうから、そこを守るためいざというときの対応を柔軟にするには、バッファが何より重要です。
身も心も、バッファを確保しましょう。

そして一番大事なのは、最初に決めたとおりの方法で進まないからといってイライラしないこと。子どもとうまく接することができなくなっちゃいますもん。
もちろん人間ですからたまにはイライラするわけですが、日常的にイライラするのであればそれは自分で自分の首をしめていると思った方がいいと思います。
そんなときは自分で決めたやり方の合格ラインを少しでも下げてみたら、うまくいくかもしれません。

まとまりが悪いですが、夫と子どもを起こす時間になりましたので、おしまい。



スポンサーリンク


両立のコツはルンバを導入することじゃない