休日の朝のしょうもない話を一つ。

いつものようにジュニアに朝ごはんを食べさせていました。そして一通り食べたところでジュニアが「デザートが食べたい、バナナがいい」と言ってきました。

いつもなら普通にあげているのですが、その日はごはんを少し残していました。ほんとだったら「全部食べないとデザートはあげないよ!」といくところですが、休日の朝からそこまで闘う気力をなかったので、ちょっと制限をつけることにしました。

私「ごはん残したからバナナは半分だけあげるよ」

ジ「やだー、半分やだ!一本がいい!」

私「ダメ!残したから半分!」

ジ「やだー、長いバナナがいい!」

※10往復くらい続く

省エネのつもりで、ごはんを残しに目をつぶりデザートをあげることにしたのに、結局ジュニアとバトルすることになってしまったわけですが、ここで、ゴネられたからといって「はい、そうですか」とバナナ一本あげるわけにはいかないわけですよ。オヤジとしてのプライドにかけて!

闘いぬく覚悟を固めて強攻策に出ました。

私「よしわかった!長いバナナがいいんだな。はいどうぞ!」

20130309-091402.jpg

状況が変わり不思議がっているジュニアが、バナナを手に取りました。

くるっ

20130309-091625.jpg

ジ「・・・」

私「・・・・」

ジ「・・・・・・・・」

私「・・・・・・・・・・・・」

ジ「うえーーーーー!やだー、まるいバナナがよかったのー!!」

このあと、貧ぼっちゃまみたいなバナナを前にして泣き続けるジュニアに「いらないならお父さんが食べちゃうぞ」と言い続けたところで、やっと納得して貧ぼっちゃまバナナを食べてくれましたとさ。

はー休日朝からつかれた。

というわけで今日はこの辺で。



スポンサーリンク


長いバナナがよかった・・・