こんにちは、副所長(妻)です。

そろそろ春も近づき、新たに保育園に子どもを入れる人も多いのではないでしょうか。
そこで、今日はこれまで書いた保育園関連の記事を紹介してみたいと思います。

保育園にいざ預けるとなると心配で心配で
無事保育園も決まり、いよいよ入園に向けての準備が始まった頃の記事です。
今まで家の中で暮らしていた自分の子どもがいざ小さいながらも正真正銘の社会にでる瞬間の、不安な気持ちを正直に綴っています。
と言いつつ、今読み返すと不安の半分は「我が子はとにかく食べる」ことに集中していますが・・・

私と息子の慣らし保育ダイジェスト
いよいよ、保育園生活が始まりました。今年も4月になると朝の保育園は新入生たちの泣き声で包まれることでしょう。今子どもたちの泣き声を聞くと「おぉ〜。泣いてる泣いてる。頑張れ〜」など思ったりしてのんきなものですが、当事者である当時は辛いような、悲しいような、寂しいような、なんとも言えない気持ちに包まれたものでした。そんなジュニアも今ではすっかり保育園大好きっ子です。

保育園に行きはじめて変わったこと
まだ4月なのに、すっかり保育園生活に慣れた我が子ジュニアは少なからず変貌を遂げました。本人にはストレスもあったと思いますが、ちょっとずつ保育園に慣れて行く姿を頼もしく思う頃でもありました。かく言う復職したばかりの私はと言うと、家事と仕事のバランスをうまく掴めず、試行錯誤の日々でした。
ちなみにこの頃の試行錯誤の記事はこちらです。→ 復職1ヶ月の私がワーキングマザーについて考えたこと

「送りはオレがやる」保育園送り生活速報
我が家の保育園送迎は夫が担当しています。記事にもありますが、最初はお父さんが送っていたけどそのうちやらなくなった、という話は私の周囲ではよく聞きます。卒園まで、送りはオレがやるをちゃんと全うして欲しいと切に願っています・・・。

変装して保育園参観
保育園には保育参観というイベントがあります。小学生の頃、授業参観で親が見に来たのが嬉し恥ずかしだった・・・という記憶がある方もいると思いますが、この保育参観は乳幼児相手ということで親は一切素性を明かさないで行われるどきどきのイベントでした。変装してじっと息をひそめているときに、我が子ジュニアが目の前に立ってこちらの顔を覗き込んだ、そのとき・・・!(続きはwebで)

保育園初年度って、子どもはどれくらい休むの?
ぶっちゃけ、これからお子さんを保育園に預ける親としてはこれが一番気になるのではないでしょうか。我が家の実績に加え、アンケートに答えてくださった方の保育園お休み実績も記載されています。やっぱり学年が上がるにつれて子どもは強くなりますね。

保育園園長先生の言葉から
子どもが起きている時間の大半を預けるわけですから、やはり園との信頼関係は重要だと思います。うちの保育園はとにかく今の園長先生が素晴らしくて、保護者会や保育園便りで園長先生からのメッセージを受け取るたびに感激し、つくづくこの先生でよかった、卒園するまでいて欲しいと思っています。以前、園便りであまりに素晴らしい文章があって、このブログで紹介しようかと思ったほどです。さすがに思いとどまりましたが^^;

以上、保育園関連の記事を集めてみました。
参考になれば幸いです。



スポンサーリンク


保育園生活のリアル