3歳超えましたってことで、3歳児検診にいってきました。検診は1歳半検診のとき以来です。検診は一日潰れてしまうので、会社をお休みして行ってきました。今日は検診の内容や困ったことについて書いてみます。

3歳児検診の内容

3歳児検診の内容は、以下の項目がありました。

・視力検査
・聴力検査
・尿検査
・問診
・健康診断
・歯科検診

視力と聴力は家でセルフ検査しておく形で、動物が描かれている絵を見て、遠くから見えるか確かめたり、こそこそ声でしゃべった単語を聞き取れるかを確かめるものでした。ちょっと形式は違えど、1歳半検診に毛が生えた程度の内容でした。ただ一つを除いては・・・

尿検査の恐怖

そう、尿検査が入ってくるんですよね、3歳児検診は。オムツが取れていない人はかなり苦労するみたいですが、オムツが取れていてもなかなかハードルが高い検査です。トイレでおしっこできるようになったばかりのところを、決まった時間に紙コップで取るというのはかなりムズカシイものです。我々も検査の当日の朝一のおしっこを取ることができるかどうか、不安に感じながら当日を迎えました。

検査当日

当日の朝、善は急げと起きるなりジュニアに「おしっこしようか!」と打診するもその気無し。ジュニアはまだ寝ているときだけオムツなので、オムツに朝の分をしてしまった後のようでした。その後も、水を飲ませたり、牛乳を飲ませたりと色々やってみましたが中々出ません。この時点で、「朝起きてすぐのオシッコをもってこい」というお題をクリアできませんでした。

検診はすごく混むので早く行って並んでおきたかったのですが、なかなか尿が取れず時間は経つばかり。これ以上、待ってると大混雑に巻き込まれそうだったので、ここは一発賭けで現地でオシッコを採取することにしました。

たっぷり水を飲ませて、自転車で検診会場に向かいました。そして着くなりジュニアに「おしっこ出るか?」と聞くと、「でるー」とのこと。よっしゃ来たぜ、と喜びいさんでトイレに駆け込んで便器に座らせて、バッグからコップを取り出そうとすると、ジュニアが「あーーー、でちゃった」

「まて、とめろ〜、とめてくれ〜」私の願いもむなしくオシッコは出きってしまいました。コップを準備する前に、脱がせて座らせた私の痛恨のミスでした・・。

失意の中で、検診の受付に行き、「すみません、尿取れてないんです、さっきそこでブツブツ」などと言い訳がましく言うと、検診は毎月やってるからそのときに、取れた尿だけ持ってきてくれればいいよ、とのこと。

でも実はその後の待ち時間があまりに長かったので、オシッコを取ることができてその日に出すことが出来ました。ヨカッタ。

その他の検査について

というわけで、尿検査にはほんとにヤキモキさせられましたが、他の検査はスムーズに終わりました。最初の問診のところで、「お名前は〜」「何歳?」とか質問されたり。2つの大きさが違う○が書いてある紙を見せて「どっちが大きい?」とかを聞かれましたが、ここは問題なく突破できました。

あとは身長、体重計って、歯を見られておしまいでした。歯はちょっと磨き残しがあったっぽいのできちんと磨いてね、と注意喚起されましたが。

そんな感じで3歳児検診は終わりました。
完全に尿検査に振り回された検診でしたが、特に健康面でも成長面でも問題が内容でほっとしました。

というわけで今日はこの辺で。



スポンサーリンク


3歳児検診に行ってきたよ