今日は流れ流れる感じで。

とある日の夜7時ごろ、マイiPhoneに着信が。ディスプレイを見てみると妻からでした。出てみるとシーンとしてて、さてはと思っていたら「おとーたん」とか細いジュニアの声が聞こえてきました。

何してたのかと聞いてみると、汽車のオモチャで遊んでいたとのこと。いい子にしてるかと聞いたら、もう興味がなくなったらしくいなくなってしまいました。

ジュニアはお話ができるようになってからも、私との電話では恥ずかしいのか、めんどくさいのか、関心がないのか、なかなか話してくれなかったので、我が子の成長を感じるとともに、仕事の合間にジュニアの声を聞けて癒されたのでした。

話はそれますが、私などは「電話」といえば、受話器があって、ダイヤルやらプッシュ式のパネルがある箱を思い浮かべますが、ジュニアは私や妻のiPhoneを見て「でんわ」といいます。

家の電話もコードレスの受話器とボタンが一体のやつなので、彼の中では、コードでつながった受話器みたいな概念はまだあまりないのでしょう。

またまたそれますが、受話器といえば、自分自身久しぶりに口にした言葉だなと。というわけで、なんとなくGoogle先生で「受話器 iPhone」と入力して検索してみたら、1位に出てきたのがこれ!

受話器 iPhone の検索結果

ちなみにAmazonにもズラリ
iphone用受話器

まさかのiPhoneにつなぐクラシック型受話器。しかもこの品揃え!
シャレにしては品揃えがすごくあるのできっとニーズがあるのでしょう。

とまあそんな感じで今日は流れるように終わります。

 

 



スポンサーリンク


2歳息子からの電話〜iphone用受話器