どうもお久しぶりのお久しぶりのお久しぶりです。オリンピックも甲子園も終わってから随分時間が経ち、そろそろ更新サボる理由がなくなってきたので書き始めようと思います。というわけで、アンパンマンミュージアムへ行ってきたときの話を書こうと思います。
20120923-003117.jpg

まずは駐車で一苦労

いってきたのは横浜みなとみらいの横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
土曜日の午後に車で行ってきました。
予想通りものすごい混雑で駐車場は当たり前のように満車。周辺にはホームセンターなどが色々あるのですが、そこの駐車場の料金はなんと、30分600円という驚愕の価格に設定されていてアンパンマンミュージアム目当ての駐車する奴ブロック網は完璧に敷かれている状況です。(ちなみにアンパンミューージアムの駐車場の料金は1時間500円くらいで、施設利用者向け割引はなし)

あとアンパンマンミュージアムの駐車場は満車のときに路上で駐車待ち禁止なので、待つことも困難です。うちの場合は周辺をぐるぐる回っているうちになんとか駐車場の敷地内に入れて空きが出るのを待つことができて止めることが出来ました。というわけで土日に車で行くのは結構リスキーです。

ショーに度肝を抜かれる

施設に近づくと、早くもアンパンマンのテーマソング各種の音が聞こえてきて、アンパンマンやらバイキンマンやらいつものキャラクターたちが出迎えてくれます。車で昼寝して寝起きだったジュニアを抱っこしていたのですが、この時点で自ら「おりる・・」と取り憑かれたように言いはじめます。さすが1日の半分以上アンパンマンのことを考えている男・・・
施設の敷地内は無料で楽しめるスペースと有料のミュージアム部分に分かれています。最初は特に入場料を払うこともないので敷地にずんずん入って行くと、やってましたアンパンマンショー!
20120923-003513.jpg

着ぐるみ来たアンパンマンとドキンちゃんとノリのいいお姉さんたちが、元気にアンパンマン体操とかを踊ってます。それを見て一緒に踊る信者たち子どもたち。ジュニアを肩車しながら、改めてアンパンマンのその絶対的な存在感を確認できました。この辺の子どもらに選挙権持たせたら、日本の総理大臣はアンパンマンになるでしょう。

 

無料スペースで十分楽しい

ショーが終わって人が分散しても下の写真くらいはにぎわっています。
20120923-003616.jpg

 

有料(1歳以上1人1000円)のミュージアムに行く前に、無料スペースだけで買い物やら何やらで色々あるので相当楽しめました。

キャラクターの周りにはいつも撮影待ちの人がたくさん。

20120923-003632.jpg

 

下はグッズエリアの様子。
20120923-003650.jpg
中にはキッズスペースもあり、声を上げてご機嫌に遊ぶ子どもたちと、子どもらの面倒を見ることに疲れて明らかに機嫌がマイナスの方に触れているパパママが作り出す、あの非常に落ち着かない雰囲気が漂っているため、きっとバンバン物が売れていることでしょう。

ちなみにうちのジュニアの戦利品はSLマンでした。
20120923-011306.jpg

 

よかったのは「ジャムおじさんのパン工場」なるパン屋さん。
キャラクターそっくりのパンが売られています。下の写真はパンを作っているところ。
20120923-003711.jpg

 

できあがったパンはこんな感じ。メロンパンナあたりは相当な完成度です。
個人的にはバイキンマンのパンの売れ行きが気になるところですが・・・
20120923-003724.jpg

 

有料スペースに行くことなく終了

普段、街を歩いているときは、ジュニアはアンパンマンのキャラクターの絵とかを見つけると、嬉しそうに「あ、アンパンマンだ〜」といって反応するのですが、このアンパンマンミュージアムでは、あまりにアンパンマンの刺激が多すぎて、どう反応していいか分からなくなっているようでした。
戦利品のSLマンのおもちゃを手にした時点で、早く家で遊びたかったらしく「おうちに帰る!」コールが発動して、ここで今日は終了。

有料のミュージアムに入ることなく終了しました。まあ初めてだったらこれで充分な感じです。

 

まだミュージアムに入ってない身でいうのもなんですが、ここの楽しみ方はこのくらいでいいんじゃないか、という感じがしました。どっぷりミュージアムを楽しんで、ショーを最初っから見て、お土産買って、、、とかやってたら間違いなく、パパラボ一家は疲弊しそう・・。

そんなこんなで初めてのアンパンマンミュージアムはなかなか楽しめましたという話でした。



スポンサーリンク


アンパンマンミュージアムに行ってきた!