こんにちは、副所長(妻)です。
4月ですね。4月です。4月と言えば、新年度。私もついに復職して1年が経過しました。ジュニアも2歳児クラスに進級し、春だなあと感じる今日この頃です。
今日はこの1年を振り返って、ワーキングマザー生活で始めた習慣と続かなかった習慣について書いてみたいと思います。どうやって仕事と育児と家事の両立を計ろうと悩むママさんたちにほんの少しでも参考にしていただければ幸いです。


photo by Wahlander

毎日の洗濯

なんと言っても毎日の洗濯です。DINKS時代も育休時代も、2日〜3日に1回しかしていなかった洗濯ですが、保育園の洗濯物の多さとあまり保育園用の服を用意しなかったこともあり、夜の洗濯が日課となりました。疲れていても寝落ちしてしまっても来る日も来る日もせっせせっせと毎日マジメに干していました(お風呂場に干していました)が、半年くらい経った頃でしょうか、私のガマンの限界が来ました。

というのはうちの夫は洗濯はまずしません。なのに寝落ちして起きてくるとリビングでは既に帰宅した夫がビール飲みながらつまみを食べながらスポーツニュース観ながら、洗濯機を回すわけでもなく洗濯物をたたむでもなく、のんきに「おう、ただいま」などと言うではないですか。おうじゃない!なんで私ばっかり毎日毎日洗濯してるの!と文句を言ったところ、夫が一言。「だったら全自動で乾燥までかければいいじゃん。必要コストだよ。」と。

おう、そうだな、と。そういえば乾燥機能付きの洗濯機を復職前に買ったんだったと。電気代がもったいなくてつかっていなかったけど、洗濯物を干す事をストレスに感じて生活するくらいなら電気代払った方がましだな、と。電気代払うの夫だし。

というわけで、その日から洗濯+乾燥までが日課となりました。いやー楽なのなんの。夫のYシャツ類とかしわになるから乾燥に入れられないけど、別の洗濯かごに入れておいてもらうことで解決。間違えて普通の洗濯かごに入ってるときは敢えて洗濯機に突っ込んで「こっちに入れるとしわになるよ」と実演し続けるというのもやりました。そのうちちゃんと分けて入れるようになりました。
余談ですが、最近はまた干す日も作っています。その日の気分次第で使い分けてます。

ルンバ

ルンバも復職と同時に買いました。これは今でも変わらず続いています。家に帰ったときに床がピカピカなのは気分がいいですし、毎日ルンバをかけるということはすなわち毎日床に物を放置できない、ということになります。

やはり掃除の基本は「出したら即片付ける」なので、毎晩毎朝床にあるものを片付けるという習慣がルンバによって得られたと思います。ちなみにその習慣が得られたのは私だけです。夫とジュニアは散らかす方が専門です。ここが今後の課題です。

晩ご飯の下ごしらえ

復職したばかりの頃は、前日の夜かその日の朝に晩ご飯の下ごしらえをしていました。下味をつけたり、ある程度調理しておいたり。これはすごく楽でした。楽でしたが、楽なのは帰宅してからの炊事で、下ごしらえをする前夜や朝はかなり面倒でした、、というわけでこの習慣はいつしかなくなりました。

ジュニアが保育園に慣れてきて、帰宅後にぐずらなくなったというのもあるかもしれません。最近は帰宅後に遊んでー遊んでーがすごいですが、母の私もそんな状況に慣れて放置できるようになったという面もあります。ちなみに下ごしらえ時代は帰宅後15分程度で晩ご飯でしたが、最近は帰宅後30分くらいが調理時間です。主菜1皿+副菜2皿+お味噌汁とご飯、くらいな感じです。

Eテレの録画

育休時代、いないいないばあ/おかあさんといっしょ/みいつけた! には随分お世話になりました。私もおかあさんといっしょやみいつけた!は好きだったのでまたみたいなと思い、月曜〜金曜の放送分は全て録画していました。で、保育園から帰宅したジュニアと一緒に観たりしていました。

しかしジュニアもだんだんと好みがはっきりとしてきて、まずみいつけた!を観なくなりました。サボさんのシュールさがまだ1歳児には伝わらなかったようです。その次にいないいないばあの実写のコーナー(大きな木の歌みたいなやつ)はイヤダなどと言うようになりました。そして次第に「こんにゃくの歌だけ繰り返し見せろ」「モンスタップもういっかい!(をエンドレスに繰り返す)」という高度な要求をするようになりました。つまり毎日全てを録画することが全く意味をなさなくなりました。

というわけで今は週に1回分だけ録画していますが、それもほとんど観ていません。なので新スイちゃんもパントのおねえさんもまだ1回しか観たことがありません。

番外編・・・夫

夫は復職当初こそ、土日に保存のきく食べ物を2品くらい作ってくれていて、これがかなり大助かりでした。しかしこれも次第になくなり、今では1品あればその週はラッキーという感じです。いつでも復活してくれていいんですけど。

 


思いつくままに書きましたが、結局なんだかあまり誰の役にも立たなそうな記事になってしまいました・・・。ま、家事はできるだけ手抜きをして生活しよう!というのが私のメッセージです。手抜きばんざい!おしまい。



スポンサーリンク


復職して1年、続いたことと続かなかったこと

コメント

  1. 副所長様こんにちは!いつも楽しく拝見させていただいております。
    同じく子を持つ働く母(今は育休中ですが秋に復職します)として、ふむふむ
    なーるほど・・・と拝見させていただきました。

    深夜の所長の行動、どこぞの主人と全く似た様な行動だったので笑えました。
    (ウチの洗濯機は乾燥がイマイチ弱いので使っておりません)
    ウチの主人も平日は全く家事において戦力外なので全く何も期待していないのですが、
    ゴミだけは出しておけば捨てに行ってくれます。
    もう最初から期待しないというのが一つ悟りを開く方法かしら、と思っております。

    私は基本的に洗濯しなきゃ!乾かさなきゃ!というのに追い立てられるのが
    イヤだったので、保育園用の洋服は多目に用意しておきました。(第二子にも使えるし
    まぁいっか、と思って)
    洗濯物は3歳児位から劇的に(ほんと劇的に)減りますから、もうしばらくの辛抱ですよ~!

    ルンバ・・・いいですよね。ほんと憧れです。
    復職したら私も買おう・・・絶対・・・!
    食洗機とルンバと乾燥付き洗濯機はWMの三種の仁義ですよね(←誤変換)。

    Eテレ様には本当にお世話になっております我が家も同様。
    もう少しではっきり言葉がしゃべれそう、という頃には上の子はトムとジェリーに
    メチャはまっておりました。英語でも楽しんでいたので願わくばバイリンガルに・・・
    と思っておりましたが、その内吹き替えに日本語バージョンも発見、すると
    「にほんごにして」と言い出す始末(涙)

    お互い先の長い子育てロードをたどることになりますが、いろいろ手抜きして
    (いや、効率的な方法で)家事・育児をこなしましょうねー。
    これからも楽しみにしています!

  2. まりりんさん、コメントありがとうございます。副所長(妻)です。
    深夜の夫の家事戦力外っぷりに泣かされる人は多いと思います。。でも地道に言い続けているので、そのうち洗濯物を畳むくらいはしてくれるようになるんじゃないかと期待しています・・・。
    そして、洗濯物が減る日が今から待ち遠しいです。経験談ありがとうございます。

    「食洗機とルンバと乾燥付き洗濯機はWMの三種の仁義ですよね」は、確かに、仁義が正しいかも?(笑)いやほんとその3つには助けられています。亜流としてフードプロセッサーも愛用です。ほんとに手抜きまっしぐらです・・・。いやいや、効率化ですよね^^

    いろいろ共感いただけて、楽しいコメントもいただけて、とてもうれしく励みになりました。今後ともよろしくお願いいたします^^

  3. いつも楽しく拝見しております。

    この記事とーーーっても激しく同意です!

    私も1歳児の娘を保育園に預け、2年目になった母です。

    夕飯・・・
    うちも最初は頑張ってました。
    でもだんだんと「夜は寝たい!」にシフトチェンジし、
    今では夕飯はCOOPさんの温めるだけ、揚げるだけで出来上がる惣菜に大変お世話になってます。

    ルンバ!
    うちも欲しいですが、床に物がたくさんで、
    うちはきっとずっと無理なシロモノです(涙)

    でも、副所長様の旦那様はおかずを作ってくれるなんて素敵な旦那様だと思いますよ~
    うちのは、ずーっとPCに向かってぽちぽち。。
    子供と遊んでとお願いすれば一緒にテレビを見る。という自分では動かない旦那です。
    でも私の至らない所の突っ込みだけは的確にしかもタイミングよく言うんですよね~
    あれ腹たちます(笑)

    これからも素敵なブログ楽しみにしてます♪

  4. >ちーちゃんさん

    コメント遅くなってすみません、かついつも読んでいただいてありがとうございます!
    なかなか最初の頑張りって続かないものですよね。でも効率化しながら進めて行く事の方が大事と最近では開き直っています!

    ひきつづきよろしくお願いします。