ブログをがんばって更新していたら、ある意味スゴい事が起きました・・

なんと新聞に載りました!!

今日はその一部始終をご報告します!

——

「ブログは毎日更新すべし!」・・なんて話をよく聞きます。分かっちゃいるけど、仕事しながら毎日更新なんて相当のモチベーションがないと無理なわけで、結局20日以上間隔を空けてしまう事も結構ありました。

ただ今年の年始でこのブログを書きはじめて1年半が経ったのですが、ここのところずーーーっとアクセス数は膠着気味で進歩がありませんでした。
そこでひとついっとくか!ということで

「1日1本はさすがに無理なので、3日に1本のペースで書く!」

・・と豪快に決めてこの1月から頑張って書いていたわけです。

 

雨の日も雪の日も

ネタにアンテナを張り

ゴーストライターの妻を何度も出動させ

苦しくなったら作った料理のペラ記事を挙げ

 

月単位ではなんとかペースを守ってやっていました。
・・で2ヶ月くらいたってどうよアクセスは?と思ってみて見たら・・・

 

アクセスは見事に横ばいのママ。むしろ微減でした。 orz

 

これはアレだなと

「ブログを毎日書けばアクセスが増える」とか言うのは

「夢を持てば必ず叶う」みたいな話と同類の話なんだなと

なんだよ、大人は嘘つきだなと

 

そう思ってガッカリしていたところ1通のメールが来ました。

はじめまして、
突然のご連絡を失礼いたします。
日経新聞で記者をしております、××と申します。
本日は取材のお願いでご連絡を差し上げます。

 

きた!

天下の日経がなぜか俺のブログに取材に来た!

これがブログの更新頑張ると流行るっていうアレか!

 

早速記者さんに連絡を取り、詳細を確認したところきっかけは以下の記事

料理したくなるマンガ 「きのう何食べた?」

またよりによって適当に書いた記事にロックオンされたもんだな、と思いつつ詳細を聞いてみると、どうも日経さんの紙面で地味食マンガの特集記事があり、「きのう何食べた?」の読者としてコメントが欲しいとのこと。「それにしても数ある書評ブログを押しのけてなぜここに?」という疑問は消えなかったので聞いてみました。

「なんでまたこんな弱小ブログに?」
「検索したらたまたま・・」

 

なるほど、つまりこういうことらしい。

企画されてる特集の生声調査のタイミングで、たまたまこのサイトでドンピシャのテーマの記事がアップされた。

普通に「きのう何食べた?」みたいなビッグタイトルと組み合わせワードでググってもうちのサイトは当たらないので、多分記者さんがよっぽどマニアックなワードでググってくれてうちのサイトが上位表示、

読んでみたら企画の内容にたまたま使えそうかもと思ってもらえた。

トリプルくらいの偶然を超えて発生した出来事だということが把握できました。これは活かさない手はないぜと思い

「取材余裕でオッケーです。ちなみに紙面にパパラボというサイト名とか載せてもらえるんですか?」

とダメ元でお願いしてみたら「うーん、スペースがあれば盛り込みます。」とのこと。

よし!ネットで話題になるのは無理っぽいので、リアルに進出だ。ということで取材に答えて、新聞の発売日をそわそわしながら待っておりました。

で今日届きましたよ。これがその記事です!!

<日経MJ 3/9>

手に取って色々な感情がわき上がってきました。

「載ったよ、オレのコメントが全国に届いたよ。」

「す、杉田太郎っていう仮名は、さすがに「山田太郎」はもうやめとくかと思ってつけた仮名なんだろうな」

「このコメントって電話取材せずに記者さんが適当に書いても分からんだろうに、ちゃんと取材するなんて記者ってのは偉いな」

とか色々考えたわけですが、サイト名をリアルメディアにばらまくというのは難しかったようです。

まとめ

そんなこんなな出来事だったわけですが、まとめるとするならば

質を気にせずブログを大量に書け、というのは意外と正しい

ってことがよくわかりました。

今回ことの発端になった記事は、もう完全に本数稼ぎの「とりあえず書いとくか・・」的な記事でした。

世の中にはいろんな事を考えたり行動したりしてる人がいて、大量に情報発信していれば、その人が探している情報に計らずしもなれる可能性が高まる

そういうことを身をもって実感できた出来事でした。

また頑張って記事を更新して、次は朝日狙います。

ちなみに、当たり前ですがアクセス数は通常トレンドからピクリとも増えておりませんでしたorz



スポンサーリンク


ブログを頑張って更新したら新聞に載った

コメント