人気のコミックでいまさら感満載ですが、モーニングの連載マンガ「きのう何食べた?」が好きです。公式サイトによると

『きのう何食べた?』とは
これは、都内某所2LDKに男二人暮らしで住む、筧史朗(弁護士)43歳と矢吹賢二(美容師)41歳の「食ライフ」をめぐる物語です。
ちなみに1ヵ月の食費は2万5千円也。

・・という感じで、1話ごとに、小話に加えて必ずその日の食事を作るシーンが描写されています。

メニューを考えるヒントになる

もちろんマンガとして話も面白いんですけど、それ以上に、夕飯のメニューを考えるヒントが話の中にゴロゴロ転がってるところが何より魅力的です。まず、毎回出てくるレシピが夕飯レシピとして即戦力度が高いです。料理マンガだと「そんなの普段作らないよ!」とか「そんな素材家にねーよ!」というレシピをよく目にしますが、このマンガではほとんどのレシピが、日中働いてる男性が帰宅してから料理するシーンで紹介されるので、非常に実践的な、どの家庭でもつくりそうな料理を美味しそうに紹介してくれます。

作り方も簡単

そして簡易な作り方で紹介してくれています。下ごしらえもダシもあんまりうるさいこと言われません。めんつゆなどもガンガン使われます。趣味で単発で料理をする人や、料理にある程度の時間を使える人ではなく、時間が限られている人が日々淡々と料理をしていくシーンが想定されているからでしょうか。実に気安い調理方法で紹介してくれています。細かい事を四の五の言われないのでなんか作りたくなってきます。

そんなこんなで

今日も読んでて、何品か作ったわけです。
先日妻が下記のエントリを書いてましたが

残り物でいいじゃない!お弁当に挑戦(予定)

結局・・・

初回の弁当は私が作りましたとさ。

1〜5巻をまとめ買いはコチラ!



スポンサーリンク


料理したくなるマンガ 「きのう何食べた?」

コメント