待ちに待った週末がやってきました!皆さんはどこかにお出かけの予定とか組まれてたりするのでしょうか。(寒いのであまり外には出たくないかもしれませんが・・)パパラボ一家は少し前に動物園に行ってきてました。日頃絵本などで見ている動物のホンモノを見ることが出来てジュニアは総じて大興奮だった訳ですが、動物によっては見せたときの反応がイマイチなケースもありました。そんなジュニアの反応を思い出しつつ、2歳児にウケる動物について考えてみたいと思います。

大きい動物はテッパン!

ゾウ
アジアゾウ@多摩動物公園
By makitani

2歳くらいの子どもウケするのは、なんといっても大きさとインパクトです。そして大きさといえばまずはゾウでしょう。その圧倒的な存在感にジュニアは息をのみ、絵本のゾウさんとの違いに驚いていたようです。長い鼻でシュルシュルと餌を巻き取りながら食べたり、鼻を高く持ち上げる様を見て大喜び。一回見て、一通り園を見終わってからもう一度見に来るほど気に入ってました。

キリン
キリン@東武動物公園
By makitani

その高さ!異形っぷり!からジュニアへの衝撃度でゾウにまさるとも劣らないのはキリンです。ジュニアは檻にしがみついて、ながーい首で高いところにある葉っぱを食べ続けているキリンを凝視して「キリンさんもぐもぐ」とキリンの様子を実況中継しつづけていました。

シロクマ
白クマ
By duke.yuin

ゾウ、キリンほどではないものの存在感のあるシロクマ。悠然と歩くシロクマを見てジュニアも「シロクマさん、のっしのっし」と連呼しておりました。

アクションが大きい動物もササる!

テナガザル
フクロテナガザル@千葉市動物公園
By tomosuke214

大きさ以外でも、アクションが大きい動物は気に入っていました。テナガザルの檻では、タイミングよく木から木へとぴょんぴょん飛び移るところをちょうど見せてくれたのでジュニアは大興奮。両手を上げてその仕草をマネして喜んでいました。

ペンギン
ペンギン
By zenjiro

陸の上ではヒョコヒョコとユニークに歩いたかと思えば、ひとたび水にとびこむとダイナミックに泳ぐペンギンにもジュニアは釘付けでした。

カンガルー
Kangaroos
By MichaelFitz

以外とハマってくれたのがカンガルー。出で立ちは普通ですがやはりあのジャンプにやられたようです。ぴょんぴょん飛び跳ねる仕草は他の動物にない特徴ですからね。

反応がいまいちだった動物たち

ライオン
百獣の王だし、絵本にも良く出てくるのでテッパンかなと思ったのですが、反応がイマイチでした。まああんまり動いてくれないんですよね、ライオンて。ジュニアが見たときは、タテガミがないメスのライオンが寝てるところだったので、「ふーん」て感じでした。でもタテガミのあるオスのライオンが起きてるところをみたら挽回の可能性はありそう。

鳥系全般
檻の中の鳥はちょっと小さくて子どもにはインパクトがないみたいです。どこにいるか見つけるのに一苦労。分かるようになるにはあと何年かかかりそうでした。

アライグマ、レッサーパンダなど
この手の4本足の動物は、だいたい「ニャーニャー」か「ワンワン」に分類されてしまうみたいです。まだ区別がつかないかな。

バク、アリクイ
これは、なんてジュニアに説明してあげていいか分からず・・・。「バクだよ〜」っていわれてもよーわからんよな。。。

ロバ
ジュニアに説明するときに、「あれロバとウマってどんな関係なんだったっけ」と疑問をもってしまった。たぶん馬だと思ってるはず・・
【参考】ウマ科 – Wikipedia

所望されたけど見せてあげられなかった動物たち

イヌ
ごめん。オーソドックスな動物園にはいないことが多いんだ。今度ホームセンターの中のペットショップに見に行こう。

ネコ
ごめん・・略)

ブタ
いった動物園にはいなかったんだよね。こんど養豚場にでもいこうか。

ウマ
今度一緒に競馬場にいこう!そこらの人間より手入れが行き届いたウマが見られるよ!

というわけで

いろいろ挙げましたが、動物園には大満足で家に帰ってもゾウのマネをしきりにしていました。冬で寒いですがその分動物園は空いてます。みなさんもぜひ動物園に行ってみてください!でも寒いので防寒対策を忘れずにしましょう。



スポンサーリンク


動物園に行こう!