最近仕事が忙しくてすっかり更新が滞ってました。コンスタントに更新するのって難しいですね。今日は血液型について思ったことがあったので書いてみたいと思います。

自分の血液型はみんな知っている
「山田くん何型?」「O型らしいよ」
「 田中さんはA型なんだ。俺O型だから相性いいね」
「鈴木って変わってるよね。」「あいつABだよ」「やっぱり!」

小学生くらいのころから上記のような会話はクラスであったり、部活だったり、いろいろな場で飛び交っていた気がします。だいたい血液型の話になると、ほとんどの人は自分の血液型を知っています。 子どもから大人になって付き合う人の幅が広がってもやっぱり自分の血液型を知っている人がほとんどです。自分の血液型を知らないことも珍しくはない、ということや思っていた血液型が実は違ったなんてこともある、ということは良く聞きますが、それでも実際には血液型を言える人がほとんどな気がしています。

ジュニアの血液型はいつ分かるんだ?
で子どもができたわけですが、当然 我が子の血液型が気になるわけです。特に他意はなく単純な好奇心からです。生まれたてのころは血液型がはっきりしないから調べても分からない、ということは聞いたことがあったのですが、どうも妻と話していると今後も明確に検査のタイミングがあるというわけでもなさそうです。

で調べてみました
参考:子どもの血液他が検査はいつ頃するものなのでしょうか?

要は
・必要がない限りは血液型は調べない
・自分から言い出せば病院で調べられる
・血液型を知らなくても輸血が必要なときはどうせ調べるから困ることはない。
・自分の把握してる血液型が 、調べたら実は違ったなんてことも珍しくない。
・わざわざ興味本位で調べにいくってどうなのよ

ってことみたいですね。
うちのジュニアは注射には強いタイプとはいえ、流石に私の好奇心だけのために病院に行って注射をするつもりもないので、いつか分かる日を待とうかと思います。

そうなると疑問が?
となると疑問が湧いてきます。一体どうやって大体の人が自分の血液型を言える状態が出来上がったのかと。

いくつか可能性を検討してみました。

1.自分の血液型を言える人ばかり、というのは私の思い違いで、実際はかなりの割合(それこそ3〜4割とか)で、自分の血液型が分からんという人がいる

2.昔は検査を一律でやっていたけど、最近はやらなくなった。

3.どんな子どもも学校に上がる頃までは一度は血液型を調べる機会(輸血?何かの検査?)がある。

4.親が子どもの血液型が気になって仕方なくなって結局みんなこっそり検査をしてる。

5.血液型を知らない人は結構いるが、人からよく聞かれるので面倒くさくなってみんな適当な血液型を答えている

1だったら、私が、ちょっとイタイ人だったということで終了。
2だったら、将来の日本人には血液型本は全く売れなくなりそうです。
3、4はなさそうな気がするけど、どうなんでしょうか。
5だったらかなり面白いですね。

もしお子さんの血液型検査について詳しい人いたら教えてくださ〜い。
特に、いまの小中学生はみんな血液型言えるんだろうか、すごく気になってます。
まあ、単なる興味・好奇心からなのですが・・・

そんなこんなで今日は、疑問を残したモヤモヤな感じで終わりたいと思います。



スポンサーリンク


子どもの血液型をいつ調べるか分からない

コメント

  1. 1歳7ヶ月の男児の母です。いつも楽しく拝見しています。
    うちは出産した病院で生まれたときに検査できると聞いて調べました。
    でも暫定だそうです(変わるの?って感じですが…)
    私自身は小学生の時に姉妹そろって検査に連れていかれました。
    自分の血液型がわかるって、ちょっとおもしろかったのを子供心に感じたのを覚えています(^^)

  2. harumaman70さん

    コメントありがとうございます。
    母乳を飲んでいるときは母親の血液と混じっちゃうので測定結果の信憑性がイマイチだという噂を聞いたことがありますが、それで暫定と言われたのかも知れないですね。

    うちも小学生くらいになったら調べてみようかな(^^)

  3. 初めまして。二人の女の子(2歳&1ヶ月)を育児中のaye_ayeと申します。
    blog,毎回楽しみに読ませていただいています(^-^)/

    二人の娘の血液型は出産した病院(アメリカ)で調べてくれたようで,
    退院時の書類に血液型が提示されていました。
    生まれてからすぐに調べた血液型は信憑性が低いと私も聞いたことがあります。

    私自身は16歳まで自分の血液型は知りませんでした。
    16歳になって献血に行って,初めて自分の血液型を知りました。
    ちなみに私の父は20歳くらいで調べたことがあったらしくA型と言っていたのですが,
    40歳くらいで調べた結果,本当の血液型はO型だとわかりました。
    父の血液型の変更には家族みんなで驚きました。

    なかなか血液型を調べるチャンスってないですよね。
    献血して初めて血液型を知った,と言う人,少なくないのでは?
    なんて思っていましたが,
    16歳より前に自分の血液型を知ってる人の方が私の周りには多かったです。
    どうやって知ったんだろう??

  4. >aye_ayeさん

    コメントありがとうございます。
    40歳で血液型が変わるってかなりショックなできごとですね!
    たぶん自分を含めてみんなそれほど確実じゃない血液型情報で自分の血液型を認識していて、それをもって血液型占いとかやってるんでしょうね。