項羽と劉邦」でいえば劉邦のノリで「いつかホテントリに載れたらいいな・・」と思いながら、素人なりに狙い気味に書いてみた前回エントリが恐ろしいことに900はてブをいただきもう思い残すことはない状態になりました。
今日から、いつも通り育児系小話ブログに戻りたいと思います。

今日は、有給をいただきまして1歳のジュニアの保育園参観に行ってきた話を書きます。

変装して保育園に侵入

妻から参観日について日程やら時間やら聞いていたときに、なんか靴のサイズやら背丈やらを聞かれたのでおかしいと思ったのですが、どうも保育園参観は1日1組で親は変装して子どもの様子を観察するとのこと。変装のためにジャージや靴下を保育園で準備してくれるらしく靴やら身長やらを聞かれたようです。冷静に考えれば1歳の我が子は親の姿が見えた瞬間に「かーたん!かーたん!」とか吠えまくって日常の姿を観察するどころではなくなることは容易に想像つきます。
ただ、変装するってことは暗に、「お前らバレるなよ」と言われてることと同義なので非常に緊張するわけです。
あー、うちだけバレたらどうしよう、などと日本人的な心配をしながらも当日がやってきました。

まるでスパイ

当日いつもどおり私がジュニアを保育園に連れて行き先生に引き渡します。今日に限って先生の目が鋭く光り子どもの目を盗んで「終わったら控え室で待っていて下さい」とか言うわけです。ドキドキしながら控え室で待つと、先生が、用意してくれた着替えを渡してくれて、子どもと絶対目を合わせないこと、見学中私たちに指示を出すけど声を出さないこと、を伝えてきます。もうこの辺で緊張はメーターを振り切り、心臓弱い人は大丈夫なのか心配になるくらいでした。用意されたジャージ上下とエプロン、三角巾、マスクに身を包み、変装を完了していよいよ保育室に侵入しました。

ジュニアが目の前で立ち止まる!

いよいよ日常のジュニアを観察すべく妙な変装した二人組(妻と私)で保育室に入りました。先生がシレっと「今日は新しい先生が二人来てるねー」とか大人の嘘をついている横から我々は言われたスペースに正座して陣取ります。そうはいってもジュニアをを含んだ1歳のガキンチョたちは、異形の侵入者2名に興味津々、一人二人と寄ってきておもちゃや本を差し出したり顔を覗き込んだりしてきます。先生との約束通り、寄って来た子どもが興味を失うまで怪しいくらいに顔を背けて無視を貫きます。
なんとか凌いでるうちに、ついにジュニアが我々のもとにやってきました。「ヤバイッ」とばかりに三角巾の位置を一段下げ、マスクの位置を一段上げ、もう目も見えないくらいな状態にし、呼吸も止め気味に時間が過ぎるのを待ちます。ジュニアが前でピタっと止まりこちらを観察します。もうこの辺は完全にマフィア映画の港での取引シーン並みの緊張感です。
そんなこんなで、こちらの無視工作が奏功し、なんとかジュニアをやり過ごし最初の関門を突破しました。

その後は無事に観察できました

お前らそんなんでちゃんと参観できたのか、とツッコミが入りそうですが、ここから先は落ちついてジュニアや他の子たちの様子を観察することができました。
おもちゃの取り合いをして泣いているところや、みんなで歌を歌っているときに一人だけ大声で合いの手を入れて曲が終わるたびにアンコールをいれて、アンコールを入れたわりにはその後全く聞いていないところや、ごはんの時には一番最初にスタンバイして、配膳されるなり食事をたいらげお変わりを要求しているところなど、ほぼ予想通りの結果でした。意外だったのは、クラスのアイドル的な女の子が泣き始めたときに、近づいて行ってナデナデしてチューをしようとしたことでしょうか。「おー、1歳のくせに、結構やるのね。」などと思って横を見たら妻の表情が固まっていました。。

1〜2歳はまだ一人遊びの段階みたい

その後面談でも聞きましたが、1〜2歳くらいはまだまだ一人遊びが中心で、誰かと一緒に楽しく遊ぶ、というのはもう少し先のようです。まず、最初に自分の興味関心があって、それをやってるときに他の誰かとぶつかったら取り合いをする、みたいな単純な状態のようです。でも、そんななかでも仲良しの子がいて、なぜかいつも近くで遊んでいたり、先に書いたようなかわいい異性の子に関心を持ったりなんていうのは早くも始まっていたりするのもちょっと面白いところでした。

まとめると・・

家の中だけでジュニアを見ていたときは、「あー、うちの子、成長したね、色々出来るようになったね」くらいにしか考えていなかったのですが、保育園という場に投じられた我が子を見ていると、「あー、ジュニアは早くも社会に出ているんだな・・」と感じました。同じ遊びをするにしても、同時に同じオモチャを使いたい子がいたときにどう反応するのか。みんなで同じ食事を与えられて「もっと食べたい」と思ったときにどう反応するのか。どれをとっても家での振る舞いと違います。機会があればぜひ見てみたらいいと思います。ちなみに一番ヒットしたのは、変装で感じるスリルです。マフィア映画の港のシーン並みの緊張を味わいたい人にはぜひやってもらいたいです。(園に寄って参観の仕方は違うので、変装が不要でしたらあきらめましょう・・)

そんなこんなで、スリリングな保育園参観記はこの辺でおしまいです。



スポンサーリンク


変装して保育園参観

コメント

  1. […] 2;——————— ※ちなみに去年の保育園参観の話はこちら  変装して保育園参観 ———————————————&#8 […]