こんにちは、副所長(妻)です。
8月というのに涼しい日々ですね。
さて、先日夫が早朝出勤した日があり、久しぶりに朝の息子のお世話を全て一人でやりました。そのときに感じたことを書いてみたいと思います。今回のテーマは「たまには立場を変えてみる」です。

夫のタスクを代わりにやってみた
以前夫が書いた保育園の送り生活の記事にもあったとおり、我が家は平日朝の息子のお世話(起こしたり着替えさせたり食べさせたり登園させたり)は夫が一手に担っています。まあ、私も着替えとか検温とかを担当することもありますが、基本的には夫のアクティビティです。で、たまーに夫が早朝出勤する日があって、そういう日は私が息子の世話をすることになります。これまでにも何度かあったのですが、先日は運の悪いことにそれが月曜日にありました。
月曜日・・・それは布団カバー掛けを意味します。
いつまでも寝ていたい息子のご機嫌を損ねないように起こすことから始まり、あれやこれやとお世話して、保育園に連れて行って保育士さんに引き渡し、最後に大仕事の布団カバー掛けをしてきました。いやーこれ全部一人でやるのは大変でした。毎朝毎週保育園に連れて行ってくれる夫に改めて感謝の気持ちを持った次第です。

夫も意外と大変、でも私も大変
で、ふと思った訳です。
そういえば、うちの夫はいろいろやってくれてるなあと。
いや前から思ってはいたのですが、そうは言っても私にもそれなりに不満?があって、たまには一週間連続でお迎え〜ご飯〜お風呂〜寝かしつけを代わってもらいたいし、たまには「今日は飲んで帰るね」なんてメールを自宅で子どもが暴れているであろう時間帯に送ってみたいし。なんて思っていたりして。たまには私と逆に立場になってよねーなんて思うこともあったりして。

もしも夫と逆の立場になったら・・
でもでも、実際に逆の立場になったことを真剣に考えると、結構大変です。

・土日にご飯を作る
夫はいつも土曜日朝になると「今週はなにを作ろうかなー」とぶつぶつ言っています。ぶつぶつ言いながらネットでレシピを検索し、そのうちレシピを忘れ趣味のネットサーフィンに流れて行くので結果的に対して重荷ではないのかもしれませんが、そうは言っても何作ろうと考えるのが休日の始まりなのは大変だろうな、と思います。

・車を運転する
これはまあ私がペーパードライバーだからなのですが、車を出すときは必ず夫が運転します。夫は運転が好きらしいので別に不満を言われたことはありませんが、ときどき私が寝ちゃったりすることもあり、そんなときは少し申し訳ない気持ちになります。夫だって疲れててうとうとしたいだろうに、、と。まあでもうちの夫の場合、時間があれば寝るより遊びたい人なので本人にとってはどうでもいいかもしれません。でも逆の立場なら私は絶対時間があれば寝たいです。

・飲みに行っていいか聞かないといけない
こればっかりは譲れません。平日急いでお迎えに行き、息子が寝るまでの間、戦いと言えるほどの怒濤の時間を過ごす私にとって、突然メールで「今日飲みに行くから」と言われるのはなかなか許しがたいものがあります。なので10回に8回は一言イヤミを言ってやります。夫は大して申し訳なくもなさそうにしながら適当に「ごめんね」と言い残し、飲んできます。でも、逆の立場になったら、飲みに行くのにいちいち許可を得るというか、行っていい?なんて言うのは若干面倒だろうなという気持ちもあります。あるけど、許しがたいことにかわりはないので、彼は今後も多少は遠慮がちに私に聞くことになるでしょう。

・妻の話を聞かないといけない
最近、職場の人と話していて軽く引かれたエピソードがあります。一般論ですが、女性はただひたすらしゃべりたく、結論や意見は求めていないというよく聞く話がありますよね。なので、男性の皆さんは奥様が延々としゃべることを右から左に受け流しながらうんうんと相づちを打ち、聞いている振りをしつつあまり聞いていない、と。よくある話ですよね。
で、私の場合、それなりに結論や意見を求めているケースが割と多くあります。でも女子だしそれなりに話が長くなってしまうのですが、私としてはそれもひっくるめて聞いて、思ったことを聞きたい訳です。なので夫が適当に聞き流すことを見逃すことが出来ず、夫が上の空だなーと思うと「今私が話したことを簡単に要約してみて」と言い復唱してもらいます。で夫がちゃんと話の筋を理解しているなと思ったら続けてしゃべります。これ、職場の男性に話したら引かれました。。だからきっと、男性にとってはこれは非常に面倒なんでしょう。逆の立場になったら、、、うーん適当に聞き流したりしないからなー。苦じゃないかな。

・なんだかんだで大黒柱
私も一応働いてはいますが、なんだかんだで夫が大黒柱であるという共通の認識があります。妻と息子、家族を養うぞという気持ちを持って働いている訳です。私は「いざとなったらみんなを養うぞ」程度の覚悟なので、常時その覚悟を、主体的に持つことは、やっぱりすごいと思います。

そんなこんなで
以上、夫と妻の立場を変えてみたときのシミュレーションをしてみました。お互いそれぞれ、大変ですね。日常に忙殺されているとなんで自分ばっかりと思いがちですが、そんなことはないのだなぁと当然ながら実感しました。
と書いてるそばから、夫から「今日飲みに行っていい?」というメールが来ました。。二言イヤミを言って返信しておきます。
おしまい。



スポンサーリンク


妻も大変、夫も大変

コメント

  1. で、妻側は
    >でも女子だしそれなりに話が長くなってしまうのですが、私としてはそれもひっくるめて聞いて、思ったことを聞きたい訳です。
    (中略)
    >職場の男性に話したら引かれました。。だからきっと、男性にとってはこれは非常に面倒なんでしょう。
    夫の苦痛を知りながら、その苦痛をやわらげたい、そのために自分がすべきことは何かを夫と一緒に考えたりはしないわけだ?
    女性同士なら分かり合うかもしれないが、すべてを夫に求めるのもどうなんだろう。そこは友達や母親でもいい、彼らに負担してもらえる部分はないんですか。
    とはいえ、夫が快く応じているのであれば、いい夫婦関係じゃないかな、とは思います。