こんにちは、副所長(妻)です。
先日離乳食初期に我が家で何を食べさせたかを書きました。今日はその続編です。私自身、離乳食初期の頃は本当に悩みましたので、同じように悩んでいるママの参考になれば幸いです。
ちなみに前篇はこちら 離乳食、いつから何をあげるか〜初期編〜

パン

初めのうちはひたすら10倍粥をあげましたが、友人に「赤ちゃんはパンが好きだよ」と聞き試したところ、確かに大好評でした。離乳食初期ではミルクパンがゆにしてあげるのが一般的なようです。ただパンはしょっぱいし、いろんな成分も入っているので、あげ過ぎないように注意していました。放っておくとひたすら食べるので・・・

バナナ

我が家では伝説の食材です、バナナ。どんなに激しく泣いていてもバナナをあげればぴたりと泣き止み、バナナがなくなると「もっと寄越せ」それまで以上に激しく泣きました。レンジでチンすれば簡単に柔らかくなるし栄養満点だし、離乳食初期にあげる果物としてはバナナはとてもいいと思います。ただ、あまり甘い物の味を覚えさせるとそれ以外を嫌うようになるので注意が必要です。うちはこれでお粥を嫌うようになりました。。

しらす

離乳食初期でもっともお世話になった白身魚です。白身魚と言っていいのかわかりませんが。Jrはしらすが好きで、お野菜やお粥と和えたりして使いました。準備も簡単で、熱湯をかけて塩抜きして、ひたすらごりごり裏ごししました。いやほんとピジョンの調理セット様々でした。

キャベツ

キャベツもゆでて裏ごししましたが、裏ごしには不向きな食材でした。途中から柔らかくゆでた物を包丁で細かく刻んであげるようになりました。が、柔らかくゆでている間に味が抜けてしまい、結果的にあまりおいしくなかったような、、、。

7倍粥

何度も繰り返しますが、うちのJrはお粥を嫌いましたので、7ヶ月に入ってすぐに7倍粥にしてみました。離乳食初期のうちはは10倍粥かなと思っていたのですが、意外と固いご飯の方が好きかもということであげてみたら、なんとこれが好評でよく食べてくれるようになりました。わからないものです。

ヨーグルト

ヨーグルトは初期の頃から今に至るまで、本当に本当によく使っている食材です。和えてもよし、そのまま食べてもよし。優秀なタンパク源として本当に重宝しています。最初は買ってきたヨーグルトをそのまま食べさせるのになんとなく抵抗がありましたが、慣れてしまえばなんのその!ヨーグルトはまだ食べられる食材が少なく、味付けのできない離乳食初期ではかなりおすすめです。

りんご

手に入りやすい果物ということですりおろしてヨーグルトに混ぜて食べさせました。が、リンゴのおいしさはまだうちのJrには理解されていません。喜びもせず、嫌がりもせず、淡々と食べていました。

納豆

検診で栄養士さんが離乳食初期からでも納豆はおすすめですよーと教えてくれたので、6ヶ月になってから食べさせました。最初はひきわり納豆を買ってきましたが、大人があまり使わないので面倒になり、すぐ普通の納豆をあげるようになりました。よく混ぜてタレなどを入れる前に取り出して、フォークの背などでつぶしてあげればOKです。確かに納豆みたいにネバネバしたものは赤ちゃんには好まれるようです。

オクラ

納豆のネバネバに味を占め、これもネバネバだし!とオクラをあげました。でもオクラは離乳食初期の頃は種を取ってあげないといけないので(消化しづらく負担が大きい)面倒な割に、意外と不評でした。。中期以降に復活しましたが、初期では一回しかあげませんでした。

これ以外にもいろいろあげましたが、代表的なのはこんな感じでしょうか。

5ヶ月の離乳食を始めたばかりの頃は茹でる&裏ごしする、をただひたすら繰り返していました。6ヶ月あたりからは裏ごしを卒業し、柔らかく茹でたあと包丁で叩いて刻むようになりました。今思うといやーあの頃は面倒だったなーという気がします。今はすっかり大人の取り分けですから!詳細はまた今度書きますね♪ web design history



スポンサーリンク


【続編】離乳食、いつから何をあげるか〜初期編〜

コメント