Jr.が産まれた1年前は、いろいろな方からたくさんの出産祝いをいただきました。今、家の中を見渡すとそのときに出産祝いで活躍しているグッズが結構あります。自分に子どもが出来る前にも、人に出産祝いのプレゼントをしたことはあったのですが、ぶっちゃけそのときは何が相手に取って役に立つのかは全然分からないまま贈っていました。嬉しかったのかどうか・・。そこで今日は、1年間の子育て期間を振り返って、いただいた出産祝いでもらって嬉しかった物について書いてみます。
プレゼント
photo by terriseesthingsCreative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 2.0 Generic License.

プレイジム

これはスマッシュヒットでした。うちが出産祝いでもらったのはSassyのディベロップメンタル・プレイマット。育児に疎い男の立場ではジムの存在がいまいちピンと来ていませんでした。2ヶ月くらいの意識はだんだんはっきりしているけどまだ動けないくらいの時から中に寝かせておくと、じーっとおもちゃを見つめていました。手が使えるようになるとおもちゃで遊ぶようになり、うつぶせが出来るようになるとマットについているもので遊んで、つかまり立ちができるようになった最近はなぎ倒したり、ついているおもちゃをかたっぱしから取って遊んでいます。前後左右上下に遊び要素が満載の逸品です。

フード付きバスタオル

妻曰く、まずこれをかぶってる我が子がかわいいとのこと。実用的な面で行くと、お風呂上がりの受け渡しのときに頭をスポッと覆えるので親の服もぬれなくて済みます。うちはまだですが歩き回るようになったら、ささっと吹いた後にタオルをかぶせておくとお風呂上がりに冷えなくて済むそうです。

オーボール

これもテッパンです。赤ちゃんがいる家にいくと大体置いてあります。シンプルなので長く遊べます。値段も手頃なので、かるーく出産祝いをあげたいときによさそうです。

80cmのパジャマ

また妻から出てきたのですが、80cmがポイントみたいです。うちは新生児から首が据わるくらいまでの間はパジャマは着ていませんでした。ある程度大きくなって、生活習慣を覚えるためにパジャマを着せよう、というあたりで出産祝いでいただいたパジャマが役に立ったそうです。80cmというのは、パジャマ着始める時期の大きめの赤ちゃんでも対応できるし、小さい子でもパジャマなら多少大きくても寝るだけなので許容範囲、というカバー範囲が広いサイズなのだとか。この辺は父親としてはあんまよくわかりませんでしたが。。

絵本

あげるときは絵本てそんなうれしいのかなー。などと思っていましたが、今思えばこれは嬉しい出産祝いでした。赤ちゃんは絵本を読んでもらうのが好きで、本によって色々な反応をします。たくさん種類があったほうが赤ちゃんも喜ぶでしょう。ちなみにうちのJr.は表紙が赤い本がお気に入りです。なんでも赤ちゃんが最初に認識する色が赤だとか・・・。まあ、これも派手さは無いけど役にたつプレゼントです。

【参考】
ちなみに我が家のJr.のトップ5はこちら → とある11ヶ月の赤ちゃんの絵本トップ5
絵本ナビさんでも探せます → 絵本ナビ

小さめの膝掛け

これも妻のピンポイントな意見です。もらったのは、kashwreのマルチブランケット。良いお品なのですが、サイズが40×40くらいで、もらったときは「これ小さくないかな〜、何に使えばいいんだろ」と正直思っていたそうです。しかしいざ使う段になるとなかなかどうして便利だったとか。まず赤ちゃんが小さい頃は大きいブランケットよりフィット感ありますし、ベビーカーに乗せた赤ちゃんにかけるシーンでは、大きいブランケットだと地面についたり、車輪に巻き込んだりしてしまうので、このくらいのサイズのブランケットは重宝するそうです。分からない物ですね〜。

というわけで

色々夫婦で思い出して書いてみましたが、意外な物が実は役に立ってるみたいなケースが結構ありました。また思い出したら続きを書こうと思いますが、今日はここまでで。



スポンサーリンク


出産祝いでもらって嬉しかったもの