今日は短めに。休日に妻とJr.と一緒にいる時、私はJr.に路傍の石のように扱われています。寄っていって甘えたりするのは当然お母さんのところですし、3人で寝ていても、私には目もくれずに障害物のように乗り越えてお母さんのところに突進します。そんなJr.も私と二人で出かけたときは私のことを父親認定してくれているようです。
先日、Jr.を連れて私の友人が集まっているところに遊びに行きました。見知らぬ大人に囲まれたJr.は緊張感MAXでカチンコチン。そこで友人たちにJr.を預けていったん姿を消し、再度Jr.に近づいて行くと、私に気付いたJr.が泣きながら私の方に寄ってきてくれました。
一応母親の次のポジションの位置にいることが確認できてよかったです。しかし、泣きながら寄ってくる我が子はかわいいですね。ちょっと妻の気持ちがわかった気がしました。



スポンサーリンク


父親認定