すでに飛行機をクリアしている身としては新幹線なんざちゃんちゃらおかしい訳ですが、そうはいっても赤ちゃんを連れて新幹線で長距離移動といえばなかなかの大事。しっかり一回目の新幹線での経験を書いておきたいと思います。今回の旅は行きは新幹線、帰りは飛行機だったので新幹線vs飛行機も書いてみたいと思います。

研究成果

1.赤ちゃんを連れて新幹線に乗ることについて

  • 1時間以上座席で赤ちゃんがじーっとしててくれる期待は捨てましょう。デッキが近い端の席を。ベビーカーなどの大きな荷物を置くのにも便利。
  • そうはいっても端の席は車両に4つしかありません。端をとれなかったからといって残念がらないこと。この旅では、端から2番目だったのでベビーカーを横に倒して足下に置いてましたが、しのげました。
  • 余裕があるのであれば、喫煙室のそばを避ける、多目的室のそばを取るなどの座席コントロールを。うちはやっていませんが・・
  • 泣いたらデッキに行けばいい。父と母で交代でデッキ担当すれば、東京から新大阪くらいの距離であれば大して体力も消費しないでしょう。気楽に行きましょう。

2.新幹線 vs 飛行機

それぞれ一長一短あります。移動先や自分たちの状態にあわせて上手に使い分けたいところです。

[飛行機]

メリット

  • 移動時間が短いこと。赤ちゃんが多少騒いでも短い時間なら耐えられる?
  • CAさんに助けを求めることはできる。(応えてもらえるかは状況次第だが・・)
  • 荷物は預けてしまえば収納の心配が無い。

デメリット

  • 機内での移動が制限されること。特に荒天時に座席から立つな指令が出たときに赤ちゃんが泣き出したらアウト
  • 周囲の騒音にうるさいヤツがなぜか電車より多い。空では人が神経質になる?
  • やはり座席が狭い。

[新幹線]

メリット

  • 座席が広々。普通のサイズのベビーカーなら足下に置ける
  • 車内をいつでも移動できる。泣いたらどうしようという心配とは無縁なはず
  • まあコストは飛行機より割安。

デメリット

  • 飛行機より遅い。東京から九州などは、5時間以上コースで事実上電車移動は不可能
  • 荷物を預けられないので、ベビーカーをもって単身の移動は意外と厳しい。

使い分けのポイントは、やはり移動時間と、移動中の赤ちゃんぐずり対応の天秤になるでしょう。私なら、東京スタートで考えると2.5時間の大阪なら新幹線。九州だったら迷わず飛行機。広島だったらどうしよう・・・(広島は新幹線で東京から4時間、飛行機で移動しても空港から広島市街が遠いという難所である)。そんな感じである。どうしても他の人の目が気になる。文句を言われたくないという方は、移動時間を我慢できるのであれば新幹線が無難でしょう。特に飛行機では何を勘違いしているか知りませんが、ちょっと子供が泣くくらいで怒りだすアホな大人が悲しいことに目につきます。

でも個人的には、赤ちゃんを連れて飛行機に乗ってて泣かせたくらいで文句をいわれる筋合いも無いと思うので、あまり気にしないで明るく飛行機にどんどん乗ってやればいいと思っています。

自分が赤ちゃん連れで、仮に大声で泣き出したとして、あんまりひどいクレームを受けたらなんて言い返してやろうかな・・。

「おい、航空券見せろよ」

「へー、こんな大人げないこと言うヤツだから子ども料金かと思ったよ・・」。

これできまりだな!

・・・はい、最後は余計でしたので飛行機の窓からの写真で締めます。
飛行機の窓から



スポンサーリンク


赤ちゃんと新幹線。そして赤ちゃんと新幹線と飛行機。

コメント

  1. その前に、前日からちゃんと「子供コントロール」をしてんの?
    普通なら「うん!明日は長距離移動だ」と、親は気合が入るものなんだがね?
    時と場合によっては、もっと前から小児科に相談受けて眠り薬を処方してもらう
    親だって居るんだし。
    薬がヘビーなら、眠くなる時間をコントロールしてやらにゃ。

    大勢の大人の中では乳児が居るってことは「免罪符」にならないんだぜ?

  2. コメントありがとうございます。
    眠くなる時間のコントロールは大事ですよね!
    お医者さんはあまり不自然中たちでの眠り薬での処方をしてもらえないと聞いてなかったので
    お薬を処方してもらえるケースがあるとは知りませんでした。
    参考にさせいていただきます!