こんにちは、副所長です。だんだん私の離乳食に対する悩みを書く場になってきたような・・・。

今回は離乳食初期の頃の思い出を書こうと思います。

離乳食の開始時期については諸説あり、赤ちゃんの様子やご家庭の考え方次第だと思います。我が家では育児書に5ヶ月頃からと書いてあったので5ヶ月ちょっとの頃に始めました。なぜ5ヶ月ぴったりではないかと言えば、単純に私が準備を怠ったからです。離乳食初期=すりつぶす&うらごす=面倒くさい というイメージを持っていたので、5ヶ月で始めようと思っていたくせに見て見ぬ振りしてせっせと母乳をあげていました。しかしうちのJrよりも後に産まれた友達の赤ちゃんが離乳食を始めると聞いたのをきっかけに、重い腰をあげることに。

初期は母乳以外の食材に慣れることが重要と育児書には書いてあったので、ずぼらな私は自分が嫌にならない程度に離乳食を作っていました。具体的には、離乳食レシピ本を先輩ママにもらっていたのでときどきぱらぱらとめくっていましたが、その通りにはほとんど作らず、ただ単に冷蔵庫にある野菜をひたすら茹でて裏ごして、の繰り返し。そしてお粥と一緒にその野菜を食べさせるだけ。ママ雑誌やネットを見ているとみんな色とりどりでおいしそうなメニューを作っていて、正直息子に申し訳ないような気持ちにもなりましたが、ま、嫌がってないしいっか!みたいなノリで毎日なんとかやってました。そのうち離乳食を作るという作業が私の生活パターンに組み込まれ始め、徐々に余裕が出てくるようになり、彩りやメニューや食器にも凝るようになりました。今思うと、息子にとっても私にとっても離乳食初期は離乳食に慣れるための準備期間だったような気がします。

これが正解かどうかわかりませんが、おかげさまで現在8ヶ月の息子は離乳食を嫌がらず(お粥は例外)ぱくぱくもりもりと食べてくれています。何が言いたいのかというと、ずぼらなママでも大丈夫!とりあえず野菜をゆでて裏ごして食べさせましょう!嫌がっても大丈夫!気にせず母乳かミルクを飲ませましょう!いつかお互い慣れます!

ちなみに裏ごしやすりつぶしにはピジョンのこちらを使いました。定番ではありますが、やっぱりかなり重宝しました。毎日毎日、ただひたすらこちらの金網で裏ごしていました。また付属のスプーンはかなり使いやすくて、Jr用のスプーンは3本持っていますがほとんどこのセットのスプーンを使っています。なんだか回し者みたいになってしまいましたが、、私的にはかなりおすすめです。



スポンサーリンク


ズボラな私の離乳食初期のメニュー

コメント

  1. […] スボラ離乳食メニューその2 2010年9月15日, 9:50 PM tweetmeme_url = 'http://papalabo.com/2010/09/15/%e3%82%b9%e3%83%9c%e3%83%a9%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/';tweetmeme_source = 'papa_labo';こんにちは、副所長です。今日も今日とて悩みます離乳食。 私の前回のズボラメニューの記事がなんとアクセスランキングの上位になりまして、きっと日本中のママたちに「これならうちの方がましだわ」とホッとしていただけたのではないかと思われます^^; さて、そんな全国の昼夜戦うママたちに今日も私のズボラ離乳食メニューを紹介したいと思います!名付けて「オールインワンフード」です!これは何かというと、その名の通り、用意した全ての食べ物を一つの器に盛ってしまうわけです。 きっかけはJrがお粥を嫌がったことでした。あまりにお粥を嫌がるので、彼の大好物のカボチャと交互に食べさせてなんとかごまかしていました。しかしズボラな私はふと思ったわけです。「交互にあげるの面倒くさい。しかもカボチャは食べてくれるけどお粥のときは確実に嫌がるし。だったら混ぜちゃえばいいじゃん〜」と。というわけで試しにお粥とカボチャを混ぜてあげると、、、おいしいんだかまずいんだか分からないような顔をしながらとりあえず食べてくれました。こりゃいいやと味を占めた私は、それからは2回食のうち1回はほとんどと言っていいほど全ての食材を混ぜて一つのお茶碗に入れて出してます。まさにオールインワン。ポイントは一つは分かりやすい味の素材を入れておくこと、これで味付け入らずです。おすすめは鶏肉のそぼろ。ささみのひき肉を買ってきてそぼろにしたものを小分けに冷凍しておくだけ。食べるときには解凍して他のお野菜とお粥と混ぜるだけ。鶏肉のおだしがおいしいし、そういえば大人の食べ物にもそぼろ丼があるじゃん、これは立派なご飯だわ♪と思わせてくれます。ちなみに試食した夫もおいしいと言っていました^^ ほんと手抜きで済みません。。 […]