生後8ヶ月にしてベビーベッドを導入することになりました。かなりイマサラ感のあるこの選択をするハメになった理由は、Jr.の寝室からの脱走癖が治らないためです。ずり這いがかなり上手になったJr.をブロックするためにベビーベッドという檻に、実験的に入ってもらうことにしました。

ベビーベッドJr.とは親たちと同じ寝室で寝かせています。問題なのは、この部屋のドア。部屋の内側に開くタイプなので中にJr.を一人置いてドアを閉めてしまうと、万が一Jr.が起きてドアの方に来られてしまうと部屋の外からドアを開けられなくなってしまうのです。(無理に開けるとJr.が指を挟んだりしてしまいそう・・・)したがって、寝かしつけた後も部屋のドアは少し開けたままの状態にしてあります。そこに、ここにきてのずり這いの上達という要素が加わると何が起こるか・・・・。ねんねトレーニングでの寝かしつけ方の、眠りが浅くても寝室に放っておく、・・をやると見事に部屋から出てきてリビングまでやってきてしまうのです。

そんなこんなで、ダスキンのベビーベッドのレンタル(2600円/月)で借りてみました。初日はJr.はベビーベッドの柵に囲まれた環境が新鮮すぎたらしくテンションが上がってしまいなかなか寝付けなかったようでした。部屋を見に行くと柵から涙を流して親に出してくれと訴えるように泣くわけです。当然、副所長(妻)は「かわいそうで見てられん」ということで別の部屋に寝て、所長責任で寝かしつけを断行しました。結果からいうと、寝付くのは時間がかかったものの、夜中に起きる回数も普段と変わらないし、脱走も防げるので意外とアリかなという感じです。今日はもう少し早く寝付くといいなー。



スポンサーリンク


ベビーベッド導入

コメント