子どもが産まれるといろいろな方からお祝いをもらうことと思います。結婚祝いなら、結婚式のタイミングでまとめていただくのでお礼も内祝いもまとめて行うことが出来ますが、出産祝いに関してはお祝いをいただくタイミングも幅があったりするので気をつける必要があります。この手のお話は地域性があったり、その家ならではのルール、マナーがあったり、昔と今の慣習の変化、など非常に不確定要素が多い分野ではありますので、あくまで一例として、papalaboでの出産内祝いのお返し、について書いてみたいと思います。

研究成果

  • 当たり前ですが、お祝いをいただいたらお礼です。すぐ電話か手紙でお礼を伝えました。
  • 出産直後にお祝いをくれる方もいれば、産後初めて赤ちゃんを見に来てくれたタイミングでお祝いをくれる方もいます。忘れないように台帳で管理しましょう。papalaboではgoogleのスプレッドシートで管理していました。
  • 内祝いをお返しするタイミングはいただいて1ヶ月前後にしました
  • お返し額は、いただいたものの半額〜1/3と言われているそうですが、親戚への内祝いなどで迷ったときは親に聞いてからにしました。
  • デパートのオンラインショッピングでのしをつけての発送が可能。ぜひ活用してみてください。

子供が産まれて、いろいろな方がお祝いをしてくれてとても嬉しいものです。ただボサっとしてるといつの間にか誰にどんなものをいただいたのか分からなくなってしまったりすることもあります。相手の方に失礼にならないためにも、お祝いをいただいたらすぐ台帳につけて管理しておきたいところです。いただいた方、日付、商品、大体の金額、などざっとメモっておくと後で便利です。あとお祝いをいただいてすぐに内祝いを返すと、相手からみてイマイチらしいという話をどこかで聞いたことがあります。私もこれは最もだと思い、だいたい1ヶ月をめどに内祝いをお返しするようにしていました。(そうなると間が空くのでますます台帳管理が重要になってきます。)あとは、いただくたびにデパートなどにお祝いを買いに行くのは相当厳しいと思います。ここは、タカシマヤオンラインや三越、東急のオンラインショッピングを有効に活用したいところです。のしに名前を入れて発送などすべてオンライン上で手配できます。

親戚の方々からお祝いをいただいたときは、一度親に相談してから内祝いなど考えた方がよさそうです。



スポンサーリンク


内祝いを贈る