赤ちゃんと一緒に飛行機に乗ったときの話を書きます。パパラボ一家がジュニアを連れて飛行機に乗ったのはちょうど六ヶ月の頃でした。電車やバスとは違い、飛行機は一度陸を離れるとその空間からしばらく出られないことが赤ちゃん連れの親にはツライところです。そんな緊張感あふれる子連れフライトについて書いてみたいと思います。

羽田空港

すいている便を狙う

当たり前ですが、すいてる便で赤ちゃんが機嫌が良い時間帯がよいですよね。後ろの方の席を取れば、周囲に人も少ないでしょうから泣いてしまっても気分的に楽だと思います。また飛行機の中は普通席は窮屈ですのでやっぱり赤ちゃんの機嫌が命です。夕方になるとぐずぐずする子も多いでしょうからなるべく早めの時間帯のフライトにしたいですね。航空会社の予約ページで席の埋まり状況をチェックしておきたいところです。

席は通路側を

一度座って、そのまま座りっぱなしでいられる可能性はかなり低いです。いつでも出入りが出来るように通路側をゲットしましょう。

赤ちゃん連れのそばの席を狙う

赤ちゃん連れの人の近くの席を取ると気持ち的に安心できます。万が一自分の子が泣いても、「赤ちゃんは、うちだけじゃないし・・・」みたいな気分になれます。ネットの席予約画面では赤ちゃんがいる席を確認できますので利用してみましょう。

早めのチェックインを

早めにチェックイン(機械ではなく人に)すると座席を配慮してくれることもあります。満席じゃないときは3列席の両端を取ってくれたりします。(そうすると間にはまず人が入ってこないそうです。)

抱っこ紐、授乳や水分補給の準備を

離発着時は赤ちゃんの耳が変圧に影響を受けてキーンとなったりもしますので、ママはおっぱいや飲み物をあげられるようにスタンバイしておきましょう。後は泣いてしまったらしょうがないです。抱っこひもでゆらゆらしてあやしてあげましょう。

まとめ

なんやかんやと緊張感が高い空間ですが、国内便なら長くても2時間程度で終わります。なんとか耐え抜きましょう。



スポンサーリンク


赤ちゃんと飛行機に乗る

コメント