赤ちゃんが生まれて間もないママは、一日中家の中で言葉が通じない生命体と顔を突き合わせています。きっと目の前の我が子はかわいいものの「子どもがいなかった頃はゆっくり外食したりお茶を飲んだりできなのに・・・」と思うこともあるのではないでしょうか。でもいろいろ心配で外出に積極的になれなかったり。そんなときにはパパが思い切ってママと赤ちゃんを外に連れ出してあげてもいいのではないでしょうか。ここでは生後6、7ヶ月くらいまでの赤ちゃんの外食について書いてみようと思います。

研究成果

  • 案ずるより産むがやすし。行きたいけど心配で行けないという人は、まずは行く計画を立ててみましょう。
  • 2、3ヶ月くらいまでいけば外食に連れて行く人も多いようです。
  • 時間帯は赤ちゃんが比較的機嫌がよい、午前中から早めの午後がいいでしょう。つまりランチがよいかな。
  • 低月齢の赤ちゃんは、店で暴れたりできないので、意外と行きやすかったりします。
  • 上品すぎないお店、子どもが普通にいるお店なら多少泣いても大丈夫。座敷がないお店に行くならベビーカーを忘れずに。
  • 泣いてしまったら交代で抱っこで切り抜けましょう。
  • きっと慌ただしい外食になると思います。でもそれを子どもがいないときの外食と比べてため息をつくのではなく、家族そろった外食機会を楽しむようにしましょう。

我が家のジュニアが生後2ヶ月の頃でした。副所長(妻)の友人夫婦からアドバイスをもらいました。「どんどん外に出て行った方がいいよ。失敗したって、次への対策になるから。反対に心配してばかりいるといつまでも外食できないよ。」なるほど最もだ。これはアグレッシブにいかなきゃ、と思い、その日の夜になんと焼き肉屋にジュニアをつれて突入しました。案の定ジュニアは、もうもうとした焼き肉の煙の中で不機嫌になりぴーぴー泣き始め、慌ただしい夕食になり成功したとは言えませんでした。でもこの経験で何か吹っ切れて「ちゃんと店と時間帯を選んで準備すれば外食は難しくない」という自信を持つことが出来た気がします。

それからは、比較的赤ちゃんの機嫌がよいランチの時間で1時間くらいの食事なら気軽に外で食べられるようになりました。大事なのは「赤ちゃんとの外食はバタバタするもの。それでもそんな外食を楽しもう!」という気持ちを持っておくことかな、などと思っています。



スポンサーリンク


赤ちゃんと外食

コメント

  1. […] 外食するのも尻込みしている時期があったのですが、その壁を越えてからは、積極的に外出できるようになり首が据わった4ヶ月のころに果敢に初めての旅行に挑んだのでした。うちのJr.は、生後3週間からチャイルドシートに乗せてたので車移動に慣れていたことが旅行に踏み切れた主因です。宿選びでは、赤ちゃんがたくさん泊まっていそうな宿にしました。じゃらんなどで「赤ちゃんプラン」を提供している宿には、同類の家族が集まります。papalabo一家も「赤ちゃんに離乳食提供プラン」を提供している宿を離乳食が必要ないのに予約したところ、いざ泊まってみたら生後1年前後の赤ちゃん連れ率が80%くらいでした。おかげで全く他の家族に気兼ねすることなく滞在を楽しめました。まあ、色々心配事はあるかと思いますが、この夏も思い切って赤ちゃんと旅行にトライしてみてはいかがでしょうか。 […]