赤ちゃんをお風呂に入れると泣いてしまう、というのは多くのパパが通る道のようです。多分に漏れず私も息子が2、3ヶ月の頃に、私がお風呂に入れると号泣する、という事態に陥りました。沐浴時代からちょくちょく入れていましたし、それまでは仲良くお風呂に入れていたのに、ものすごい勢いで泣かれるようになってしまいかなり切なかったです。(涙)そうはいっても1ヶ月くらいでパパとのお風呂にも慣れてくれて楽しく入れるようになりました。

お風呂

研究成果

  • お風呂で泣かれるのは誰もが通る道。パパは自信をなくさないこと。ママはパパを責めないこと。
  • 湯船につけるときは、なるべく肌をくっつけて安心させてみる
  • 洗うために膝の上に置くときも首を持ってあげて安定させてみる
  • 大きな音は出さない。びっくりして泣き始めたら最後、お風呂で共鳴しまくる自分の鳴き声でさらに泣き始めることでしょう。
  • 洗面所が湿気くさくなるが、音をこもらせないためにうっすらドアをあけてみても良いかも
  • パパお風呂の価値はエンターテインメント。普段はママにやってもらえないようなエキサイティングなお風呂にしてあげよう。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、日常接している時間が圧倒的に多いママの存在が大きくなるのは当然のこと。パパがお風呂に入れると赤ちゃんがナーバスになることもしょうがないことです。あまり泣かれると「俺がお風呂に入れない方がいいのかも」などと思ってしまいますが、大丈夫。子どもは成長する魔神です。すぐ慣れます。私がお風呂で息子に泣かれまくってた時代に注意していたのは、できるだけくっつく、不安定な体勢にさせない、大きな音を出さないの三つです。粘り強く続けていたらいつのまにかお風呂でキャッキャ笑うまでになっていました。

そこまで行ったら、パパにしかできないようなエキサイティングなお風呂遊びをして楽しませてあげましょう。湯船でドンブラさせたり、水かけ遊びをしたり、泳がせてみたり、泣かない程度に遊んであげましょう。きっと赤ちゃんは週末のパパお風呂が楽しみになるはずです。



スポンサーリンク


赤ちゃんがお風呂で泣く 

コメント