赤ちゃんといえばオムツ交換。父親としてこのビッグイシューにどう関わるかは結構重要です。
ここではパパのオムツ交換時の心がけなどを書いてみます。

研究成果

  • オムツ交換は加点要素にはなりにくいが減点要素には確実になり得る。逃れるつもりなら代償を覚悟しましょう。
  • パンパースは最長10時間大丈夫な逸品。お試しを!
  • 内側ギャザーを太ももに這わせること。そうしないとうんこが漏れてくるぞ!!
  • 生後間もない時期ほど交換しやすい。初日から交換にからみましょう。
  • 言われる前交換が加点のポイント。起きぬけ、お出かけ後などテッパンの交換タイミングを逃さないように!

このあと嵐のように降りかかるいくつもの家事育児において、母親に負担がかかることが多い家庭の父親ならオムツからは逃げないほうがいいでしょう。「うちのはオムツのひとつも変えてくれない」とはじまり、「たいして稼ぎもないのに毎日飲み歩いて・・」と展開し、しまいにはケンカになります。
ここは、オムツ交換巧者になり将来に向けて穴をしっかり埋めておきたいところです。ポイントは何よりも生後間もない時期から交換をして慣れておく事です。この時期はウンコもほとんど臭くないし、暴れる力もないので練習にピッタリ。あとはできるだけ奥さんに指摘される前にオムツ交換をしましょう。言われてからやっても、「言われないとオムツも交換してくれない」などとネガティブポイントがたまる可能性があります。「オムツは?」と言われたときに新聞でも読みながら「あ、さっき変えといたよ」。これがクールです。



スポンサーリンク


オムツを交換する