話は飛んで生後ちょうど半年の長男について。大人用のベッドで子どもと一緒に寝ている人はいずれ当たる壁です。

研究成果

  • 寝返りをするようになったらベッド落ちリスクに注意
  • どっち回転が得意かを見極めて寝かせる位置を決めるべし
  • でもベッドから落ちてる赤ちゃんはググるとたくさんいる。
  • 結構大丈夫なことの方が多いらしい。慌てずに。
  • 寝返りが両方に回転できるようになったらベッドに柵をつけましょう。

結構遅くまで仕事をして家に着いたある夜。一人で作り置きされていた飯を食べていたら、ようやく息子を寝かしつけたpapalabo副所長(妻)が部屋から出てきました。

私:「どうよ、うちのJr.の調子は?」
副所長:「相変わらず上手に寝られないね〜」

などとつらつら話していたら、寝室から火がついた様なJr.の泣き声が。
またかとため息をつきながら寝室に向かった副所長。・・っと思ったら今度は副所長の悲鳴が!

落ちてました。約50cmの高さのベッドから。

副所長は慌てふためいていたのですが、当のJr.は抱っこされたら泣くのも収まり、笑顔も見せる余裕っぷり。でも本当に平気なのかと心配してググって調べてみたら、いるわいるわベッドから落ちてる子どもが。中には生後一ヶ月で落ちてるツワモノまでいました。まあ落ちてもその後、ケロっとしてるようなら問題ないみたいです。

よかったよかった。ベッドに柵をつけなくては。



スポンサーリンク


ベッドから落ちた

コメント

  1. […] 「やったー、寝返りできた〜」と喜んだ瞬間から、ある意味赤ちゃんとの新しい戦いが始まるわけです。行動範囲が劇的に広がった赤ちゃんが危険な目に遭うことがないようにしないとですね。まず1のベッドは当たり前ですね。うちは、そうは言ってもまだ右回転しかできないし平気だろう、とタカをくくって大人用のベッドに柵なしで置いておいたら左回転をマスターされて見事に落ちました。あと床に無造作に落っこちているものも、寝返りをマスターされた日から、赤ちゃんの手が届くことになります。ペン、クリップ、コインなどなどなんでも床には変なものは一切置かない方がいいですね。うつぶせ寝の心配は、基本的にはいらないみたいですが、寝返りした先に予想外の柔らかいものが置いてあったりすると赤ちゃんが自力で抜けられない可能性もありますので3も注意が必要。あとフローリングの人は4をやると安心してその上で遊ばせておくことが出来るのでおすすめです。 […]